遊戯王関連

2008年09月02日

終末ダムドinペーテンデッキ

今流行の終末ダムド(ダーク・アームド・ドラゴンの略)。

これに前回紹介したペーテンを積んだデッキを紹介しよう。


damd.jpg


〜デッキ40枚〜

・モンスター

《クリッター》、《人造人間−サイコ・ショッカー》2枚、《ならず者傭兵部隊》

《速攻の黒い忍者》2枚、《混沌の黒魔術師》、《死霊騎士デスカリバー・ナイト》2枚

《闇・道化師のペーテン》 3枚、《スナイプ・ストーカー》、《冥府の死者ゴーズ》

《D.D.クロウ》、《ネクロ・ガードナー》、《ダーク・ネフティス》2枚

《ダーク・アームド・ドラゴン》、《終末の騎士》3枚


・魔法

《大嵐》、《サイクロン》、《早すぎた埋葬》、《増援》2枚、《ライトニング・ボルテックス》2枚、

《地砕き》、《貪欲の壺》、《封印の黄金櫃》


・罠

《激流葬》、《死のデッキ破壊ウイルス》、《聖なるバリア−ミラーフォース−》

《リビングデッドの呼び声》、《奈落の落とし穴》2枚、《闇次元の解放》2枚



終末ダムドはいろいろ試したのだが、これが一番しっくりきた。


六武衆が脅威なので、意識してボルテックスや奈落を積んでいる。

終末からペーテンを呼べるので、死デッキがあれば発動しやすい。


黄金櫃は、手札に闇次元があればショッカーや混沌を除外して、次のターンに復活可能。

また黄金櫃からは死デッキやダムドなど"キーカード"も呼べる。


終末で落としてリビングデッドや埋葬からの蘇生や、

落とした後、闇次元を伏せダネフや黒忍者で除外して次のターンに蘇生などバリエーションは豊富。

基本的にショッカーは早めに1枚落としてしまおう。

あとは状況でネクロや混沌を落とす。


そしてやはり目玉は極悪ダムド。いつでも出せるように黒忍者やダネフ(ダーク・ネフティス)で、

墓地の闇属性モンスターが3枚になるよう調節しておこう。


デスカリ(死霊デスカリバーナイト)が場に出ている時は、

うっかりネクロ・ガードナーやダネフ、ダムドなどの効果を発動しないよう注意しよう。


それと、このデッキ対策に《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》を積んでくる人がいる。

今はアルマ(アルティメットマッチ)が開催中なので、サイドデッキに積んでる場合がある。


一応対策として、こちらもサイドデッキに《砂塵の大竜巻》や《王宮のお触れ》などを積んでおこう。


人気のオンラインゲームのブログを見てみよう!

posted by 遊戯王 at 03:33| デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペーテンの発動条件について

peten.jpg


《闇・道化師のペーテン》

〜以下テキストより〜

このカードが墓地へ送られた時、
このカードを墓地から除外する事で手札またはデッキから
「闇・道化師のペーテン」1体を特殊召喚する。


"墓地へ送られた時"の部分がこのゲームの細かすぎるルールに関わってくる。

とりあえず大まかに効果を発動出来る時と出来ない時をまとめてみた。


「発動出来る時」

 ・戦闘や除外系カードで墓地にいった時。
 ・《おろかな埋葬》で落とした時。
 ・《終末の騎士》の効果で落とした時。
 ・《暗黒界の取引》の効果で落とした時。
 ・激流葬で墓地にいった時。
 ・エンドフェイズに手札が6枚を超え、墓地に落とした場合。


「発動出来ない時」

 ・手札抹殺の効果で落とした時。
 ・生贄にして墓地にいった時。
 ・コストで墓地にいった時(死デッキや、手札を一枚捨てて発動するもの)


上記以外にも発動出来る場合があるが、

ようは墓地にいった後、なんらかの処理が挟まらなければ効果は発動する。

手札抹殺だと、手札を捨てた後に手札を引く効果が残っているため、

ペーテンの効果はタイミングを逃す。

コスト系は墓地に捨てた後に効果が発動するため、タイミングを逃す。

生贄で墓地にいった後も、召喚の処理があるのでこれまたタイミングを逃す。

といった具合。


使いどころだが、終末との相性が良い。

デッキの圧縮にもなるし、手札に死デッキがあれば、

終末でペーテン落として特殊召喚し、即座に生贄が出来上がる。


またペーテンを伏せ、さらに激流葬を伏せておけば、

激流葬発動した時に、ペーテンの効果も発動できるのでアドバンテージにつながる。


必須とまではいかないが、デッキによっては使いどころのあるカードだ。

尚、ペーテンはイベントカードのためパックにはない。


人気のオンラインゲームのブログを見てみよう!

posted by 遊戯王 at 12:29| ステップ2攻略テクニック編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

創世神と鳳凰神の神コラボデッキ

huoou.jpg


〜デッキ45枚〜

・モンスター

《クリッター》、《人造人間−サイコ・ショッカー》2枚、《ならず者傭兵部隊》、

《見習い魔術師》2枚、《創世神》3枚、《創世神の化身》、《ネフティスの鳳凰神》2枚

《ネフティスの導き手》2枚、《黄泉ガエル》、《ダンディライオン》、

《D−HERO ダッシュガイ》2枚、《スナイプ・ストーカー》、《冥府の死者ゴーズ》

《D.D.クロウ》、《終末の騎士》3枚


・魔法

《大嵐》、《サイクロン》、《生還の宝札》3枚、《早すぎた埋葬》、《スケープ・ゴート》

《光の護封剣》《増援》2枚、《洗脳−ブレインコントロール》、《強制転移》2枚、

《ライトニング・ボルテックス》2枚、《地砕き》、《貪欲の壺》2枚


・罠

《激流葬》、《聖なるバリア−ミラーフォース−》、《リビングデッドの呼び声》



あまりみかけない創世神(クリエーター)だが、強いよコイツは。

しかし墓地からの蘇生が要なので除外系のデッキは天敵。


プレイングは終末でダッシュガイを落としていき、

蘇生カードやクリエイターが場にいれば、ショッカーやネフも落として蘇生させる。

クリエイターは化身やダッシュガイの効果で特殊召喚を狙い、基本守備表示で置いておこう。


宝札が場にあれば、クリエイターの蘇生にあわせて手札の補充も可能。

重たいようで意外と安定しているので是非お試しあれ。


人気のオンラインゲームのブログを見てみよう!


posted by 遊戯王 at 13:12| デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外人さん用語について

外人さんとデュエルしていると、

たまにチャットで「gg」とか「lol」って打ち込まれるアレ。


・「gg」

「Good Game」の略。
良いゲームだったね!ってこと。


・「lol」

「laugh out loudly」、「laughing out loud」、「lots of laugh」
のいずれかの略で、日本語の(笑)的なもの。


また、「hi」とかけられたらそのまま「hi」と答えておこう。

「こんにちは」の挨拶。



Englishサーバーは時間帯によって人が多く、

またデュエルする分には会話も必要ない。


しかしトレードするとなると英語がわからないという君。

会話がなくても必要最低限のワードでトレードが可能だ!

日本のレートでは高いカードも、海外だと安い場合があるぞ。


やり方は、トレードチャットに、

「offer(出すカード)*** for(欲しいカード)***」と出す。

*はカード名。全角文字は文字化けするので注意しよう。

カード名は、持ってればデッキ編集画面でみて、英語名を打ち込もう。

持ってなければ、wikiで調べよう。


トレードの誘いがかかったら、まず「hi」と挨拶。

あとはカードをお互い確認して、「thank you」でOK。


もし何か話しかけられたら、「i'm JP i cant speak english」

「私は日本人っす。英語しゃべれないっす」と答えておこう。


万が一、延々と話しかけられるようなら、「sorry」でトレードを終了してしまおう。

興味のあるチャレンジャーはお試しあれ。


人気のオンラインゲームのブログを見てみよう!

posted by 遊戯王 at 16:43| 役立つコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

イベント、アルティメット・マッチについて

イベント、アルティメット・マッチなるものが開催されました。


autimet.jpg


合計10種類のカードがゲットできるのだが、

まあ、ほとんどのカードはどうだかなぁって感じかな。


しかし☆80から☆100までの3つが世界大会の景品の一部。

レートが高いと思ってTPで交換した人はかわいそうやね。



一応目玉は《魔封じの芳香》。

ロックにいれたり、今猛威を振るってる六武衆とも相性が良い。

3枚欲しがる人も多いと思う。


あとは《古代の機械工兵》かな。

レベル5だが地属性の攻撃力1500なのでネズミから呼び出すことが出来る。

また自身を対象にした罠を無効にするので、リビングデッドで完全蘇生が可能。

なかなか強力なカード。


パックカードはあらかた収集済みなんで、通常のデュエルするよりはイベントの方がうれしい。

しかしまたお金がかかるのも事実。


ところで今回のイベントはCPUともランダムであたる。

気のせいか通常のCPUより強い気がするが、人間よりは弱いハズ。

初心者や始めて間もない人はチャンスだ!

ここでイベントカードをなるべくたくさんゲットしよう。トレードに使えるぞ!


人気のオンラインゲームのブログを見てみよう!

posted by 遊戯王 at 20:27| 役立つコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェイズとは?

フェイズを理解していない人のために説明しておこう。


phase.jpg


それぞれのフェイズをクリックするとそのフェイズへ移行する


☆ドローフェイズ(DP)
 ・プレイヤーは自分のデッキの一番上からカードを1枚引く。
 ・この時、デッキにカードがなく、引けない場合は負けとなる。
 ・伏せカードや速攻魔法で発動可能なものがあれば、任意で発動可能。


☆スタンバイフェイズ(SP)
 ・「スタンバイフェイズに〜する」と書かれているカードがフィールド上にある場合、
 このフェイズに発動される。
 ・伏せカードや速攻魔法で発動可能なものがあれば、任意で発動可能。


☆メインフェイズ1(M1)
 ・オンラインではメインフェイズまではクリックしなくとも自動的に移行する。 
 ・主にモンスター・魔法・罠カードのセットを行う。
 ・ここからバトルフェイズに移行するか、飛ばしてエンドフェイズに移行するかは任意。
 ・伏せカードや速攻魔法の他、通常魔法なども発動可能。
 ・モンスターの表示形式の変更が可能。


☆バトルフェイズ(BP)
 ・プレイヤーはフィールド上の攻撃表示モンスター1体につき1回ずつ相手を攻撃可能。
 ・尚、先攻の1ターン目はバトルフェイズに攻撃宣言をすることが出来ない。

 ・バトルフェイズには以下のステップがある。

「スタートステップ」
 ・"BP"をクックし、バトルフェイズに入ることを宣言する。
 ・このステップに入ると"M1"には戻れず、またカードの配置や通常魔法カードなどは使うことが出来ない。


「バトルステップ」
 ・攻撃プレイヤーは自分のモンスター1体をクリックし、さらに相手の攻撃対象をクリックすることで攻撃する。
 ・この時、相手のフィールド上にモンスターがいなければ、プレイヤーへの直接攻撃となる。
 ・攻撃自体は任意。必ずしも攻撃しなくともよい。
 ・攻撃したモンスターは、基本的にそのターンに再び攻撃することはできない。
 ・速攻魔法や伏せカードの発動が可能。          


「ダメージステップ」
 ・攻撃モンスターによるダメージの計算を行う。
 ・一部の速攻魔法が発動可能。
 ・《お注射天使リリー》の効果発動可能。


「エンドステップ」
 ・ダメージ計算が終わり、モンスターが墓地に送られるなどした後、
 再びバトルステップを継続することが可能。
 ・フィールドに出ている攻撃したいモンスターの数だけバトルステップを繰り返せる。
 ・攻撃したいモンスターがいなくなれば次のステップへ。メインフェイズ2かエンドフェイズを任意で選択。


これらのステップはオンラインでは自動で処理され、
設定をセミオートにしておけば発動できる時に聞いてくる。


☆メインフェイズ2(M2)

 ・メインフェイズ1と同じことが可能。罠を伏せたり魔法カードを使用したり出来る。
 ただしメインフェイズ1・2を通じて、通常召喚は1回、表示形式の変更はモンスター1体につき1回まで。


☆エンドフェイズ(EP)
  自分のターンを終了することを宣言する。
  この時、自分の手札が6枚を超えている場合、プレイヤーは6枚になるように選んで捨てる。
  →相手のターンへ。


人気のオンラインゲームのブログを見てみよう!


posted by 遊戯王 at 04:16| ステップ1初心者編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶対ありますよね? いや、あるって。

あるデュエルのこと。


僕はドラゴンデッキを使っていた。

未来融合と龍の鏡でFGDや究極を召喚する、やや1KILL気味なデッキだ。

場には未来融合がすでに出ており次のターンに召喚される。手札には龍の鏡がある。


そしてついにその時はきた。


未来融合によるFGDが召喚され、ここで龍の鏡でFGDを召喚すれば2体で攻撃力1万だ。

相手は伏せカードもない。


ここまでそろうのに攻撃を耐え忍んでLPも残りわずかだが、これで僕の勝利は決まったようなもの。

いざ、くらえ!! 僕は龍の鏡を使った。



〜以下、テキストより〜

・龍の鏡
自分のフィールド上または墓地から、
融合モンスターカードによって決められたモンスターをゲームから除外し、
ドラゴン族の融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。



除外するドラゴン族モンスターを選びながら、ふと思った。

「あれ? FGD墓地にあったっけ?」

融合し終わると、そこにはFGDが1体しかいなかった。


「あ・・・」


龍の鏡が発動できる=墓地にドラゴン族が5枚ある

とは限らないのだ。


僕は未来融合で召喚したFGDも生贄にしていた。


でもこれってよくあることだと思うんだ。

墓地のモンスと場のモンス・・・

ちゃんとわかるようにはなっているんだけど・・・


でも、わかりずれーよっ! こんちくしょう!!


人気のオンラインゲームのブログを見てみよう!

posted by 遊戯王 at 03:18| プレイ日記っぽい日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。